さなよくあさまさのブログ

なにやら雑に色々書いてます。

著しい堕落

最近の悩みは生活習慣の乱れとそれに伴う睡眠障害である。3、4時間しか眠れない。しかも眠いのに眠れない。異常である。以前、引っ越したばかりの頃は爆睡の民であったけれど、現在では不眠の民である。

夜、目を瞑り眠ろうとするとこれが難しい。羊を数え始めても何千匹と数えることになる。浅い眠りが続き、気がつくと覚醒して、眠ろうとするとまた何千匹である。

安眠のため羊を数える以外のこともしてみようと思いたった。『草枕』だと画工は眠れない夜には壁にかけてある掛け軸を眺めながら日本画がどうとか芸術とは何かとかうだうだ述べているといつのまにか眠っていたので、私もそれに倣って壁にかかっているものを見ながら何か考えようと。ところが私の部屋の壁は殺風景な真っ白で掛け軸がない。壁のシミもない。仕方がないので本棚を眺めた。引っ越しの際にかなり数を減らした本たち。本棚二つが本棚一個分くらいになった。『ニューロマンサー』『ソラリス』『ラヴクラフト全集5』『ヘッセ詩集』『キノの旅Ⅺ』『ゴブリンスレイヤー16』『夏目友人帳30』

そこではふと読んだ本をちゃんと戻さずにいたことに気付いた。本棚から取り寝る前に読んだら本棚の空きスペースにそのまま置いているのである。気付いたからには戻さなくてはならない。電気をつけ、本棚を整理し、ついでに軽く埃を落として.........読み返したくなる。

そうすると1時間がすぎている。

夏目友人帳は名作である。個人的に箱崎邸の話がお気に入りである。私は故人の想いに触れる話は大好きだ。相手は死んでいるからどうしようもないのに心動かされる人間の話が大好きだ。単行本18巻にある話なので是非読んでほしい。

とまあ、今日も眠れそうにないので久々に書いている。近頃日中が眠すぎて何を成すにも能力が足りない。つい先日バスに乗ろうとしたら乗るバスを間違えて反対方向へ行ってしまった。南に向かうつもりが北に行ってしまった。

 

今日はこれを書き終わったらどうにか眠り直す。小説の知識だが、眠れなくても横になるだけでもいくらかは休めるのだそうだ。

ジョン・ウィック コンセクエンスを観た

つい先日、Netflixに『ジョン・ウィック コンセクエンス』が配信された。かの有名なアクション映画ジョン・ウィックの4である。これは観なくてはと思っていた去年、結局劇場へ行くことは出来なかった。そんな中での配信スタートである。

前情報や感想がTwitterで流れていたのだが、その全てが「アクションがすごい」「犬が強い」「アクションがすごい!」「犬は死なない」「アクションがすごい!!」といった感じで、とりあえず犬が死なないことにホッとしながらも、全くストーリーが分からず、悶々としていたのだ。そんな状態で観たのである。

 

私の感想を一言で述べてしまうと次のとおり。

アクションがすごい!!!!!!!!!!!

これに尽きる。というかもう言語化したくないので観てほしい。あのアクションは言葉でネタバレしてはいけない。もし、「ジョン・ウィック」シリーズを観ていないなら時間を作って最初から観てくれ。前作もやばかったけど今作はぶっ飛んだアクションが多かった。階段から落ちてたし、文字通りぶっ飛んでいた。もう、観てほしい。あと、ラスボスの侯爵ってキャラが嫌なやつなので観ている中何度も「死んでくれ〜」「惨たらしく命乞いしてくれ〜」と何度も祈った。ジョンの友人を脅して殺しに差し向けてくるにはマジで鬼畜の所業。副題「コンセクエンス」は作中で「報い」と翻訳されていたけれど、題名の通りあらゆる登場人物が今までの報いを受ける物語だった。

敵も、味方も、ジョン・ウィックも、全員が行動の報いを受けていた。因果応報。特に侯爵。マジで。

作中に登場する犬使いの黒人も良かった。ジョンの懸賞金がもっと上がってから殺そうとする賞金稼ぎ?殺し屋?で賞金が欲しいからジョンを狙う他の殺し屋と戦ったり、犬が可愛かったりする。犬!強い!かわいい!最高!

盲目の殺し屋ケインもずっとカッコよかった。ジョンの友人で家族を人質にされてジョンを殺しにくるのだが、戦い方がすごい。仕込み杖と拳銃で戦うのだが、目が見えないので人が近づいたら音が鳴るセンサーを壁に貼り付けて戦ったり、いや、言葉足らずだけど本当にそう戦うんです!信じてください!足音とかだけで射撃当ててくるし、大阪での戦いが何度でも観れるし、終盤の階段での戦いもすげ〜かっこいい。こんなかっこいいケインを脅す侯爵は悪役。

許さん。報いを受けろ。

ジョン・ウィックももちろん終始アクションが良かった。何度見ても死ぬだろって高さから落ちてもヨロヨロしながらも立ち上がって意味分からん挙動で敵を薙ぎ倒していく。不屈すぎて何度か「なんで死なないの...?」って怖くなる。ベルリンで巨漢格闘つよつよマフィアにバルコニーから落とされたり、めった打ちにされる場面とか、もうそういう妖怪みたいだった。良い。パリで車を運転しながらの銃撃戦もすごい。多分、あの場面だけで永遠に観てられる。

 

ネタバレしたくないのでそろそろ書くのをやめます。しかし、「ジョン・ウィック」シリーズは毎回、そのキャラだけでもうひとつ映画作れるよね?っていうかっこいいキャラがわんさかわんさか出てくるので、もうとんでもないです。名作。

せっかくなので今度、もう一度「ジョン・ウィック」シリーズを一から観ようと思います。

頭痛避け

今日は頭痛避けのイヴAがさっぱり効かなかった。けれど、昼から新居のネット回線を開く工事があったから休むわけにもいかず、クラとしながら対応して工事終了を待ち説明を受けサインをして、見送り、その後買い物だのをしなくてはならず、生きるのが面倒になってきた。

頭痛はあらゆる気力を奪う。クソである。

しかし、おかげでWi-Fiが使えるようになり、通信環境が改善された。

 

 

 

今日中に更新しようと思ってたら、日付を超えてしまった。無念。

継続は力なり

つまり、私は無力だ。

ブログの更新を怠った。

堕落である。

今日は後輩と遊びに行き、現在進行形でスターフルーツを食べている。シナモンシュガーとハチミツと塩をそれぞれかけるおかしな食べ方だ。なかなか美味い。